このページの本文へジャンプする

ファンドラップのご案内

ファンドラップとは?

お客さまの資産運用に関するご意向をもとに、株式会社ウエルス・スクエアが適切な資産配分(運用コース)をご提案し、お客さまに代わって投資判断ならびに実際の売買等を行い、定期的に運用報告を行う投資一任運用サービスです。

ウエルス・スクエアは、投資一任契約の締結の代理を行う金融機関(以下「代理金融機関」といいます)を通じて、お客さまに本サービスを提供します。

このようなお考えのお客さまに、特におすすめいたします。

ファンドラップの特長

  • 1お客さまのお考えに沿った運用

    お客さまの資産運用に対するお考えや投資資金の性格などをお伺いし、ウエルス・スクエアがお客さまに適していると考える資産配分(運用コース)を提案します。

  • 2リスク低減をはかる資産分散

    値動きの異なる複数の資産に分散して投資することでリスク(リターンの振れ幅)の低減をはかり、長期的に安定した資産形成を追求します。

    • ※上記はイメージです。
  • 3投資一任による運用と一元管理

    投資する専用投資信託の選定や売買タイミングの決定等、投資判断をウエルス・スクエアに一任しますので、お客さまは投資に手間がかかりません。

  • 4リスク低減をはかる資産分散

    お客さまごとの運用状況は、運用報告書によって定期的にご確認いただけます。また、資産運用状況を随時ご覧いただける専用Webサイトにて十分な情報を提供し、お客さまの運用に対するご意向やニーズの変化にもお応えします。

  • ※投資一任契約とは投資一任業者がお客さまから投資判断の全部を一任されるとともに、この投資判断に基づきお客さまに代わって投資するために必要な権限を委任される契約をいいます。

ウエルス・スクエアについて

  • ※サービスのご提供に際して、当行とウエルス・スクエア(投資一任業者)でお客さまの情報を共有させていただきます。そのため情報共有同意書をご提出いただきます。

野村グループの野村アセットマネジメントと野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー、金融 IT ソリューションを提供する野村総合研究所のノウハウと経験を結集したファンドラップ専門の資産運用会社です。

  • 野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー

    ファンドの調査・分析・評価等を専門とする投資顧問会社。世界の資産運用会社やファンド等の調査・分析に豊富な実績を築く。

  • 野村アセットマネジメント

    投資信託や投資顧問の分野で内外の投資家から約 46 兆円(2016 年 12 月末現在)の資産を預かる資産運用会社。米国、英国、アジアに海外拠点をもち、グローバルに資産運用ビジネスを展開する。

  • 野村総合研究所

    コンサルティングから IT ソリューションまで幅広いサービスを提供する会社。特に、金融 IT ソリューションにおいて、証券会社、銀行、保険会社等と豊富な実績を築く。

会社概要
会社名株式会社ウエルス・スクエア
本社所在地東京都中央区日本橋1-7-9
設立2016年(平成28年)1月21日
資本金7億5,000万円(資本準備金7億5,000万円)
株主

野村アセットマネジメント株式会社
野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー株式会社
株式会社野村総合研究所

(均等出資)

事業内容金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業)
関東財務局長(金商)第2914号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会

STEP1ヒアリング

お客さまの資産運用に関するお考えをお伺いします。

お客さまの資産運用に関するご意向や投資経験、投資資金の性格、リスク許容度等をお伺いします。 お客さまには、ヒアリングシートの質問事項にご回答いただきます。

ヒアリングの結果をもとに、ウエルス・スクエアが独自のリスク・リターン分析モデルによって、お客さまのリスクに対する許容度に応じた資産配分を導き出します。

  • ※実際の運用とは異なります。

STEP2ご提案

お客さまに適した資産配分(運用コース)をご提案します。

ヒアリングシートでお伺いしたご回答に基づいて、ウエルス・スクエアが考えるお客さまに適している資産配分(運用コース)をご提案いたします。お客さまには、「投資提案書」で提案内容をご確認いただきます。

STEP3ご契約

「投資提案書」の内容にご同意いただければ、投資一任契約を締結します。投資一任契約の締結により、 合意した資産配分(運用コース)に基づく投資判断や投資に関する権限等がウエルス・スクエアに一任されます。

STEP4投資一任運用

運用状況を分析し、定期的に資産配分を見直します。

お客さまとご契約した資産配分(運用コース)に基づいて、ファンドラップ専用の投資信託に投資することで、運用を開始します。
原則3、6、9、12月に目標とする資産配分比率の見直しを行い、その翌月に運用資産に反映します。

目標の資産配分比率へもどす調整(リバランス)を行います。

運用資産の値上がりや値下がりによって、目標とする資産配分比率との乖離が生じた場合、ウエルス・スクエアが一定のルールにしたがって、目標とする資産配分比率へもどす調整を行います。

STEP5定期運用報告

お客さま一人ひとりのための運用報告書を作成します。

3ヵ月ごとに、お客さま一人ひとりの運用報告書を、ウエルス・スクエアが定期的に作成しお送りします。
運用報告書では、ご契約内容、資産配分、残高明細、取引明細等の運用状況についてご報告いたします。

  • ※運用報告書の送付を希望しない場合は、専用Webサイトの[各種お手続]にて、運用報告書の「電子交付」のお申込みを行うことができます。

ファンドラップ専用のWebサイトで、お客さまご自身で運用状況をご確認いただけます。

STEP6見直しのご検討

お客さまのライフプランや投資環境の変化に対応します。

お客さまの投資目的の変更や投資環境の変化等によって、ご契約内容の見直し(増額、減額、運用コースの変更)をご希望される場合は、代理金融機関のファンドラップお取引店にてお申込みください。
増額および運用コースの変更については、あらためてヒアリングシートにより、お客さまの資産運用に関するご意向やリスク許容度等をお伺いさせていただき、ウエルス・スクエアがお客さまに適していると考える資産配分(運用コース)をご提案いたします。
運用コースの変更をともなわない減額については、あらためてヒアリングを行いません。

ファンドラップでお客さまにご負担いただく費用には、運用資産の時価評価額に応じていただく投資顧問報酬と、ファンドラップの投資対象である投資信託に投資することにより間接的にご負担いただく費用があります。

【投資顧問報酬】

原則として、毎年3月、6月、9月、12月の末日を計算基準日とし、前回計算基準日の翌日から次に到来する計算基準日までを計算期間とします。(ただし、当初の運用開始日から運用開始後最初に到来する計算基準日までを初回計算期間とします。)
各計算期間における運用資産の時価評価額の平均残高に以下の報酬率を乗じた金額を報酬額とします。
なお、ファンドラップの投資対象である専用投資信託に関して、投資信託委託会社にウエルス・スクエアが投資助言を行う場合に受取る報酬について、ウエルス・スクエアが定める方法にしたがって、投資顧問報酬額より控除します。

報酬率
計算期間中の時価評価額の平均残高報酬率
2,000万円以下の部分1.3500%(1.25%)
2,000万円超5,000万円以下の部分1.2204%(1.13%)
5,000万円超1億円以下の部分1.0908%(1.01%)
1億円超の部分0.8316%(0.77%)

年率、税込み(カッコ内は税抜き)

【投資信託に係る費用】

運用管理費用、信託財産留保額 等
投資対象となる投資信託については、運用管理費用(信託報酬)(信託財産に対し最大で年1.30%(消費税等込み))、信託財産留保額(換金時最大で信託財産の0.30%)のほか、売買等の取引費用や監査費用等のその他の費用が信託財産から差し引かれます。また、専用投資信託が投資する投資信託証券には運用実績に応じて成功報酬がかかるものがあります。
これらの費用の合計額および上限額については、資産配分、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
詳しくは、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)およびお客さま向け資料でご確認ください。

「ファンドラップ」のサービスにおける親和銀行の役割はなんですか?

親和銀行は、投資一任業者であるウエルス・スクエアの代理人として、投資一任契約の締結の代理を行い、お客さまにコンサルティング・サービスを提供します。

「ファンドラップ」の運用はどのように行うのですか?

お客さまのご意向をもとに、ウエルス・スクエアが適切と考える資産配分で運用を行います。ファンドラップ専用の投資信託を通じて運用がなされ、お客さまのご資産は親和銀行の投資信託口座内で管理されます。ウエルス・スクエアは、定期的に資産配分の見直しやリバランスなど、お客さまに代わって投資判断ならびに実際の売買等を行います。

「ウエルス・スクエア」の運用する「ファンドラップ」の特色はなんですか?

野村グループのアセット・マネジメント部門の経験と実績をベースにお客さまのご資産を運用いたします。野村アセットマネジメントで培ってきたノウハウを活かし、投資対象となる投資信託を厳選します。主要な投資資産(国内外の株式や高格付け債券)だけでなく、より広範囲に新興国株や低格付け債券なども投資対象としているファンドや為替ヘッジ型のファンドなど多様なファンドを厳選し、これらを適切に配分することで、変化する投資環境に柔軟に対応いたします。また、厳選した投資信託は、ファンド・オブ・ファンズでまとめており、リバランスを効率化しています。
※ファンド・オブ・ファンズとは、複数の投資信託を組み入れる投資信託のことです。

「ファンドラップ」にはどのような費用がかかりますか?

運用資産の時価評価額に応じた投資顧問報酬を3ヵ月ごとにお支払いただきます。(時価評価額によって報酬率が異なります。)
また、ファンドラップの投資対象となる投資信託において、運用管理費用(信託報酬)、信託財産留保額等の費用等が信託財産から差し引かれます。詳しくは「ファンドラップ専用投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)」をご確認ください。

「ファンドラップ」はいつでも解約することができますか?

運用開始日以降、随時「解約」のお申込みは可能です。解約のお申込日から約3週間後にお支払いとなります。

「ファンドラップ」の運用状況を確認するにはどうすればよいですか?

ファンドラップのご契約をいただいたお客さまには、「定期運用報告書」を3ヵ月ごと(3・6・9・12月の末日基準)に作成しお送りします。 また、「ファンドラップ専用のWebサイト」で、お客さまご自身で日々の運用状況をご確認いただけます。(ログインするためのIDとパスワードが必要となります。) https://wsq.listflow.jp/shinwabank/wrap

項目内容
新規契約契約対象個人のお客さま向けのサービスです。法人のお客さまはお申込みできません。
契約金額500万円以上1万円単位
契約期間

契約締結日より、運用開始日が属する月に応じた契約期間の最終日まで

<運用開始日が属する月>
1月、2月、3月
4月、5月、6月
7月、8月、9月
10月、11月、12月

<契約期間の最終日>
当年の12月末日
翌年の3月末日
翌年の6月末日
翌年の9月末日

次の契約期間以降:1年度ごとに自動更新

申込日随時
運用開始日契約締結日が各月1日から15日の場合:契約締結日の翌月1日(休業日の場合は翌営業日)
契約締結日が各月16日以降の場合:契約締結日の翌月16日(休業日の場合は翌営業日)
投資対象ファンドラップ専用の国内公募投資信託(ファンドラップ以外ではお取扱いできません。)
収益分配金は再投資されます。
運用コース5段階のリスク水準に基づく10通りの運用コースの中から、ヒアリングシートのご回答結果に基づいて、お客さまに適していると考える運用コースをご提案します。
契約変更増 額
  • ・運用開始日以降、随時申込可能
  • ・100万円以上1万円単位
  • ・変更適用日
    変更契約締結日が各月1日から15日の場合:変更契約締結日の翌月1日(休業日の場合は翌営業日)
    変更契約締結日が各月16日以降の場合:変更契約締結日の翌月16日(休業日の場合は翌営業日)
  • ※あらためてお尋ねするヒアリングシートのご回答結果に基づいて、お客さまに適していると考える運用コースを提案します。

運用コース
変更
  • ・運用開始日以降、随時申込可能
  • ・変更適用日
    変更契約締結日が各月1日から15日の場合:変更契約締結日の翌月1日(休業日の場合は翌営業日)
    変更契約締結日が各月16日以降の場合:変更契約締結日の翌月16日(休業日の場合は翌営業日)
  • ※あらためてお尋ねするヒアリングシートのご回答結果によっては、運用コース変更のお申込みを受付できない場合があります。

減 額
  • ・運用開始日以降、随時申込可能
  • ・50万円以上1万円単位
  • ・変更契約締結日の前営業日の運用資産の時価評価額から希望する減額金額を差し引いた額が、300万円または当該時価評価額の20%に相当する金額のいずれかを下回る場合、減額のお申込みはできません。
  • ・減額の変更契約締結日から起算して5営業日目の変更適用日*から専用投資信託の換金手続を行い、換金手続の完了後に、お申込みをした減額金額を、指定預金口座に入金します。(減額のお申込日から約3週間後)
解 約
  • ・運用開始日以降、随時申込可能
  • ・代理金融機関で解約の受付を行った日より起算して5営業日目を解約日とし、解約日より専用投資信託の換金手続を行います。
  • ・解約した資金は、換金手続の完了後に、指定預金口座に入金されます。(解約のお申込日から約3週間後)
運用報告

ご契約者に以下の報告書が送付されます。

  • ・「定期運用報告書」(3、6、9、12月の末日を基準とする四半期の運用状況報告)
  • ・「運用終了報告書」(解約時の報告)

上記以外にも、投資対象となる投資信託に関する報告書等が代理金融機関から送付されます。

費 用 ファンドラップでは、運用資産の時価評価額に応じた投資顧問報酬をお支払いただきます。
投資対象となる投資信託において、運用管理費用(信託報酬)(信託財産に対し最大で年1.30%(消費税等込み))、信託財産留保額(換金時最大で信託財産の0.30%)のほか、売買等の取引費用や監査費用等のその他の費用が信託財産から差し引かれます。また、専用投資信託が投資する投資信託証券には運用実績に応じて成功報酬がかかるものがあります。
特定口座 ファンドラップにおいても、特定口座を利用できます。 ただし、ファンドラップ契約を締結した後に、特定口座または一般口座の変更を行う場合は、ファンドラップを解約する必要がありますので、ご注意ください。
NISA ファンドラップにおいては、NISA(少額投資非課税制度)やジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)をご利用でき ません。

*契約金額や運用コースの契約変更を行う場合、新しい契約内容が反映される日

ファンドラップに関するお問い合せ・ご相談はこちら

お店で相談する

お近くの親和銀行窓口へ

電話で相談する

ダイレクトコンサルティングプラザ

0120-34-34560120-34-3456
メニュー:【4】資産運用のご相談
※受付時間:平日9:00~20:00(但し、銀行休業日は除きます)

【ファンドラップに関するご留意点】

  • ファンドラップは、株式会社ウエルス・スクエア(以下、「ウエルス・スクエア」といいます)が提供する投資一任運用サービスです。
  • ファンドラップは、代理金融機関のサービスではありません。ファンドラップをご利用いただくにあたって、お客さまとウエルス・スクエアとの間で投資一任契約を締結していただきます。
  • 代理金融機関は、ウエルス・スクエアとの契約に基づきウエルス・スクエアの代理人としてお客さまと投資一任契約の締結の代理をいたしますが、契約の相手方は代理金融機関ではなくウエルス・スクエアとなります。代理金融機関は、投資一任運用を行いません。
  • ファンドラップは預金ではありません。
  • ファンドラップは預金保険の対象ではありません。預金保険については代理金融機関の窓口までお問い合わせください。
  • ファンドラップは、原則ご利用に際して法定後見制度を適用してのお取扱いができませんのでご注意ください。
  • ファンドラップをご利用中にお客さまについての相続開始を代理金融機関が確認した場合は、相続人に契約が承継されることなく投資一任契約は終了し換金手続に入ります。その際、運用状況により、元本割れとなることがあります。
  • ファンドラップは、NISA(少額投資非課税制度)やジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)をご利用できません。
  • 総合口座貸越等の利用によるファンドラップのお取引は、貸越利息等をお客さまにご負担いただくことになりますので、お取扱いしておりません。

【ファンドラップのリスクについて】

  • ファンドラップは、投資信託を主な投資対象として運用を行いますので、投資元本は保証されるものではなく、これを大きく割り込むことがあります。これらの運用による損益は全てお客さまに帰属します。
  • 投資対象とする投資信託は、主として、国内外の株式、債券、リート(REIT)、コモディティ(商品先物取引等)および株式・債券・金利等の金融先物等派生商品を実質的な投資対象とすることから、これらの値動きに応じて基準価額は変動し、損失を生じるおそれがあります。また、外貨建資産に関しては、外国通貨の為替相場の変動による為替リスクが存在します。

【ファンドラップの費用について】

  • お客さまにご負担いただく費用には、直接ご負担いただく費用(ファンドラップの投資顧問報酬)と間接的にご負担いただく費用(投資対象である投資信託に係る費用)があります。費用等の合計はこれらを足し合わせた金額となります。
    • (1)直接ご負担いただく費用
      投資顧問報酬はお客さまの運用資産の時価評価額に対して、最大で年率1.35%(消費税等込み)(税抜き:1.25%)を乗じた額をお支払いただきます。
    • (2)間接的にご負担いただく費用
      投資対象となる投資信託については、運用管理費用(信託報酬)(信託財産に対し最大で年1.30%(消費税等込み))、信託財産留保額(換金時最大で信託財産の0.30%)のほか、売買等の取引費用や監査費用等のその他の費用が信託財産から差し引かれます。また、投資信託が投資する投資信託証券には運用実績に応じて成功報酬がかかるものがあります。 これらの費用の合計額および上限額については、資産配分、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。詳しくは契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)およびお客さま向け資料でご確認ください。

【ご留意事項について】

  • ファンドラップのご提供にあたっては、代理金融機関に「普通預金口座」ならびに「投資信託口座」を開設していただく必要があります。
  • ファンドラップのご契約に先立って「ファンドラップ 契約締結前の書面」(契約締結前交付書面)をお渡ししますので、内容をよくご確認のうえ必ずご自身でご判断ください。
  • ご契約いただく際には、「ファンドラップ 投資一任契約 約諾書 兼 契約締結時交付書面」および「ファンドラップ サービス内容説明書」等で必ず内容をご確認ください。また、「専用投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)」「野村MRFの投資信託説明書(交付目論見書)」も必ずご確認ください。これらの書面は代理金融機関本支店等にご用意しています。
  • クーリング・オフ制度は投資一任契約には適用されません。したがいましてファンドラップにはクーリング・オフ制度は適用されません。
  • 当ページはウエルス・スクエアが信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当ページの記載内容、データ、図表等は、当ページ作成時点のものであり、また、将来の結果をお約束するものではありません。
  • 当ページはウエルス・スクエアが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

【代理金融機関】 ファンドラップのご契約は、当行を通じてご締結いただきます。

親和銀行

商号等:株式会社親和銀行
登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

株式会社親和銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Shinwa Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ
ページ先頭へ