このページの本文へジャンプする

マーケット情報

主要指数

情報提供:時事通信社

株価ニュース

為替ニュース

親和銀行を選ぶ3つの理由

  • 投資信託だけでなく、預金や保険、ローンも含めたトータルな視点で、お客さまに合った商品・サービスをご提案!
  • 普段は、ネットでサクサク取引! いつでも、窓口・コールセンター・セミナーなどでお気軽にご相談!
  • 投資信託120本超! 厳選したラインナップから、お客さまに合った商品をお選びいただけます。

みんなのギモン 素朴な疑問にお答えします!

まとまったお金がないと資産運用はできないんでしょ?

いいえ、親和銀行で取扱う投資信託は、5千円から購入できます。株式等と違って少額から投資できることも投資信託の特長です。

投資信託って難しそう

お客さまご自身で銘柄を選定し運用するわけではありませんので、プロ並みの運用知識は必要ありません。
ただし、預貯金と異なり「元本の保証がない」金融商品であるため、お客さまご自身のリスク許容度(どのくらいのリスクをとることができるか)を常に念頭において購入されることをおすすめしています。

資産運用とギャンブルは違うの?

ギャンブルは、誰かが損をすることで別の誰かがトクをする仕組みです。一方、資産運用は企業等への投資により経済活動をサポートしながら、利益の「分け前」をもらいます。長期的には、みんなが勝者になる可能性もありますよね。
また、資産運用を「預金とは違う特別なお金で行うもの」と二者択一のように捉えるのではなく、お客さまの金融資産全体で考え、「預金と投資のバランス」をとることが大切です。

投資信託を購入するタイミングやどの商品を購入したらよいかがわかりません

商品を購入するタイミングは、プロでも難しいと言われています。タイミングで迷われる方は、投資のタイミングを気にせずに購入できる毎月積立でのご購入(10万円の資金を、毎月1万円ずつ10回に分けて購入)をおすすめします。
商品については、お客さまのご資産の状況、投資目的やリスクに対するお考えなどをヒアリングさせていただいた上で、最適なご提案をさせていただきます。窓口にお越しいただく時間がない場合、コールセンターをお気軽にご利用ください。

親和銀行ダイレクトコンサルティングプラザ
0120-34-34560120-34-3456
メニュー:【4】資産運用のご相談
※受付時間:平日9:00~20:00(但し、銀行休業日は除きます)

どうやったら購入できるのでしょうか?

まず、親和銀行の投資信託口座を開設していただくことで、窓口やインターネットで商品の購入が可能になります。
平日お仕事をされている方で親和銀行の窓口にご来店が難しいお客さまは、普通預金口座(インターネット専用口座は不可)をお持ちの方であれば、インターネットから投資信託の口座開設が可能です。開設時の必要書類や流れについては、こちらをご確認ください。

任せて、守る。これからの時代の運用スタイル ファンドラップのご案内

お問い合わせ・ご相談

電話で相談する

親和銀行ダイレクトコンサルティングプラザ

0120-34-34560120-34-3456
メニュー:【4】資産運用のご相談 ※受付時間:平日9:00~20:00(但し、銀行休業日は除きます)
お店で相談する

お近くの親和銀行窓口へ

セミナーに参加する

資産運用のノウハウや基礎知識をわかりやすくご説明

株式会社親和銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Shinwa Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ
ページ先頭へ