このページの本文へジャンプする

親和銀行といっしょに考える「そうぞく」のこと

親和銀行といっしょに考える「そうぞく」のこと

「そうぞく」のことについて、何からはじめたらいいのか、何をすればよいのか、いっしょに考えてみませんか?
「資産をのこす方」が生前にしておくべきこと、「資産を受け継ぐ方」が相続発生後にするべきことの両面からのアプローチがあります。
まずは、以下でどんなことを考えたらよいかを簡単にご説明させていただきます。くわしくは、お近くの店舗までお気軽にご相談ください。親和銀行がお客さまとご一緒に最適な対策を考えさせていただきます。

「資産をのこす方」へのご提案
「資産を受け継ぐ」へのご提案

「資産をのこす方」へのご提案

ケース1上手に資産を承継したい

「生前贈与」を考えてみませんか?

生前贈与とは、ご健在のうちにご家族などへ資産を移転する方法の1つで、相続財産を減らすことができます。

「保険の活用」を考えてみませんか?

生命保険の死亡保険金には相続税の非課税枠があり、金融資産の持ち方を「現金」から「保険」に変更することで、相続財産の評価を下げることができます。
保険の種類は、「満期」のない「終身保険」がお勧めです。

おすすめサ相続対策で悩んでいましたが、生命保険に相続税の非課税枠があることを知り加入しました。ービス「生命保険」
お近くの店舗を検索
ケース2「だれに」、「何を」、「どれだけ」のこすか決めておきたい

「遺言」を活用してみませんか?

ご自身の「意思」「想い」により、『大切な財産』を『大切な方』へ相続することができます。

「遺言」を活用してみませんか?
拡大する
遺言書の作成で、遺産の配分方法だけではなく、自分の想いも家族に遺すことができて安心しました。

「保険」を活用してみませんか?

お金に宛名をつけられます。
生命保険で渡すと原則、遺産分割協議の「対象外」となります。

相続財産とは別に、自分の希望する受取人へ保険金としてお金を残すことができるのが良いですね。
お近くの店舗を検索
ケース3自分が万が一の時に家族がすぐにお金を受け取れるようにしたい
お近くの店舗を検索

「資産を受け継ぐ方」へのご提案

個人で手続きをされる場合は、多くの必要書類の取得をはじめ、複数の専門家への依頼など、複雑で大変です。
ケース1相続手続きを代わりにしてほしい
金融機関でのお手続きやアドバイス等を行います。
仕事が忙しく、相続手続きをする時間がなかったので、代わりに手続きをしてもらいありがたかったです。
株式や不動産など、遺産の内容が複数でどうやって手続きをすればいいのかわからなかったから、すごく助かりました。
ケース2 故人の遺品を整理したい
遺品整理専門業者がご遺族の方に代わり故人の遺品(家財道具等)の片付け・整理(形見分け品、リサイクル品、不用品への分別)をお客さまに代わって行います。
仕事が忙しく、遺品整理がなかなかできませんでしたが、このサービスのおかげで整理ができて助かりました。
お近くの店舗を検索
株式会社親和銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Shinwa Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ