検索 閉じる
 
 
 

経営のサポート

確定拠出年金(企業型)

確定拠出年金は、あらかじめ定めた掛金を企業が毎月拠出し、従業員自身が行った運用の結果を60歳以降に給付として受け取る制度です。
確定拠出年金

ポイント

掛金が確定している(給付額は保証しない)制度のため、積立不足は発生しない仕組みで、事業主にとって費用予測が容易です。
会計上は、退職給付債務の対象外であり、当期掛金の費用認識のみとなります。
個人ごとの口座が作られ、各自の持ち分が明確になります。
また、年金資産の運用は従業員自身が行います。

加入

原則として、60歳未満の厚生年金被保険者が加入対象です。
一定の条件の下で、上記の加入対象者を一部に制限することが可能です。

従業員自身が運用します

毎月掛金を事業主が拠出し、従業員自身が運用を行います。

60歳前の中途退職時には原則受取ることができません

退職一時金制度など、中途退職時に給付のある制度と組合せるケースが多くなっています。

お問い合わせ・ご相談

最寄りの親和銀行窓口へご相談ください。
平成23年7月1日現在