検索 閉じる
 
 
 

頭取メッセージ

取締役頭取 吉澤 俊介

取締役頭取 吉澤 俊介

 皆さまには平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。
 親和銀行は、明治12年(1879年)長崎県平戸市に創業した「第九十九国立銀行」を起源とし、昭和14年に「親和銀行」の旗を揚げました。その後、平成15年に九州銀行と合併、平成19年10月に福岡銀行、熊本銀行を傘下に持つ株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)の仲間入りをいたしました。現在は、九州全域に基盤を置く広域展開型地域金融グループの一員として、長崎県内を中心に佐賀・福岡にも店舗を構え、西九州エリアにおいて高度かつ多様な金融サービスを提供しております。

 現在、当行はFFG第5次中期経営計画(平成28年度~平成30年度)のもと、“次の10年間”を新たな『進化のステージ』と位置付け、築いてきた経営基盤・営業基盤を礎に、これまでの延長線上だけではない非連続で新しいことにも積極的にチャレンジし、金融サービス、営業スタイル、人財、組織などあらゆる面からビジネスモデルの進化に取り組んでいます。

 長崎県は、江戸時代に西洋との唯一の玄関口となった面影が今なお残る観光都市・長崎市のほか、九十九島の美しい景観を誇る港町・佐世保市など、周囲を海に囲まれ自然豊かな土地です。当行は、長崎の地において創業以来、街と時代の変化を見つめ、地域の皆さまとともに歩みを進めてきました。
 これからも、ブランドスローガン「あなたのいちばんに。」の旗印のもと、役職員一丸となってお客さまの様々なニーズにお応えし、お客さまとともに持続的に成長する企業を目指してまいります。
 今後とも引き続きご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社親和銀行
取締役頭取   吉澤 俊介