このページの本文へジャンプする
  • 店舗・ATM
  • ローン金利
  • 預金金利
  • よくあるご質問
  • 各種手数料

Vol.18 夢に向かう、長崎の元気印。

フェンシング「地元優勝」を宣言、練習の鬼になりピークを長崎国体へ。

【長崎フェンシングクラブ/諫早市】池田 舞子さん
長崎県ではフェンシングの競技人口こそ少ないが、日本を代表するアスリートが集まり、成年女子チームが編成されている。その中心的な役割を担うのが、笹田健一監督が指導する諫早商高フェンシング部のOGたちだ。同チームが昨年の岐阜国体の種目エペで6位と健闘できたのは、彼女たちの功績が何よりも大きい。OGの一人、池田舞子さんは、長身とリーチの長さを活かした間合いの取り方に定評がある選手。剣さばきのセンスで他を圧倒し、一昨年の全日本選手権のエペ個人でも3位に輝いた実績を持つ。「彼女の魅力は思いっきりの良さ。大学で大きく成長し、練習すれば負けないという自信を持っている」と、笹田監督は絶大な信頼を寄せる。
高校時代、卒業式の当日まで毎日練習をこなした池田さんは、大学進学後もその姿勢を貫き、周りの人から「練習の鬼」と言われたという。社会人になって仕事との両立に不安もあった。しかし職場の人たちに応援してもらいながら現在は週3回、母校の諫早商高で練習。大会前は一人で遠征するなどして得意のエペに磨きをかけている。「今は緊張感を持ち、集中して練習に取り組んでいる。大学生たちと切磋琢磨しながら技術を高め合い、ピークを長崎国体に持っていきたい」。長崎国体では3種目のうち、フルーレとエペが実施される。池田さんが思い描く最高のシナリオはもちろん「地元優勝」である。
【長崎フェンシングクラブ/諫早市】
池田 舞子さん
【長崎フェンシングクラブ/諫早市】池田 舞子さん
長崎新聞2013年2月24日(日)掲載
Vol.17へ<   Vol.19
長崎がんばらんば国体2014長崎がんばらんば大会2014
ハローぼくユーモ
親和銀行のTVCMギャラリー
ソーシャルメディア
親和アートギャラリーのご紹介
  • 経営理念
  • 頭取メッセージ
  • 会社概要
  • 組織図
  • 役員一覧
  • CSR活動
  • 親和銀行ふるさと振興基金
  • お客さまの声に対する取組みについて
  • 地域密着型金融
  • コンプライアンス憲章
  • FFG ふくおかフィナンシャルグループ
  • FFG ディスクロージャー誌
  • FFG IR情報
  • 電子公告
親和銀行はV・ファーレン長崎を応援しています
株式会社親和銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Shinwa Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ