このページの本文へジャンプする
  • 店舗・ATM
  • ローン金利
  • 預金金利
  • よくあるご質問
  • 各種手数料

Vol.10 夢に向かう、長崎の元気印。

唯一の成年女子ホッケーチームは2人の選手を中心にチーム力が右肩上がり。

【ながさき椿姫/東彼川棚町】吉田 侑美さん(左) 古家 悠子さん(右)
ながさき椿姫は2010年、県立川棚高校や県立佐世保東翔高校ホッケー部の卒業生を中心に結成され、国体強化指定を受けた本県唯一の県成年女子ホッケーチームだ。現在のメンバーは17人。ただし、高校卒業後に県外へ出た8人も含まれているため、なかなか全員が集まって練習できないのが悩み。それでも、県立川棚高や県立佐世保東翔高ホッケー部に交じって密度の高い練習をこなすメンバー。亀田和美選手兼監督は「長崎国体という大きな目標ができ、チームの意識が変わった」と話す。その成果が昨年、さっそく結果になって表れた。国体九州ブロック予選(枠1)で決勝へ初めて進出。今年も全九州選手権で2位に入ったのだ。
亀田監督いわく、好成績の要因は、昨年まで全国トップレベルの実業団でMFとしてレギュラーだった本県出身の古家悠子さんが加入したことだとか。「課題だったセットプレーからの得点率が徐々に向上している。タッチシュートで彼女の右に出る者はいない」と絶大な信頼を寄せる。一方の古家さんも「培ってきた技術、戦術を仲間や長崎国体世代の高校生に教え、チーム力を高めたい」と意気込む。さらに、「古家さんのプレイが目標」と話すFW吉田侑美さんが最近になってメキメキと実力をつけ、存在感を高めていることも大きい。パスでつなぐホッケーが持ち味のながさき椿姫は、頼りになる2人の活躍でチーム力が右肩上がり。長崎国体に向け、地元川棚町民の期待も大きい。
【ながさき椿姫/東彼川棚町】吉田 侑美さん(左) 古家 悠子さん(右)
【ながさき椿姫/東彼川棚町】
長崎新聞2012年10月28日(日)掲載
Vol.09へ<   Vol.11
長崎がんばらんば国体2014長崎がんばらんば大会2014
ハローぼくユーモ
親和銀行のTVCMギャラリー
親和アートギャラリーのご紹介
  • 経営理念
  • 頭取メッセージ
  • 会社概要
  • 組織図
  • 役員一覧
  • CSR活動
  • 親和銀行ふるさと振興基金
  • お客さまの声に対する取組みについて
  • 地域密着型金融
  • コンプライアンス憲章
  • FFG ふくおかフィナンシャルグループ
  • FFG ディスクロージャー誌
  • FFG IR情報
  • 電子公告
親和銀行はV・ファーレン長崎を応援しています
株式会社親和銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Shinwa Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ