このページの本文へジャンプする
  • 店舗・ATM
  • ローン金利
  • 預金金利
  • よくあるご質問
  • 各種手数料

Vol.6 夢に向かう、長崎の元気印。

長崎国体はヨット人生の集大成。好成績を残しお世話になった方々に恩返ししたい。

【長崎自動車 セーリングクラブ/長崎市】田口 西さん
セーリング競技の一つ「470(ヨンナナマル)級」は、艇体の全長が470㌢であることに由来する2人乗りの小型ヨット。かじ取りを担当する「スキッパー」と船の傾きを調整する「クルー」の2人でヨットを操るため、選手には息の合ったチームワークと風、波、潮を読む力が要求される。田口西さんはクルーを担当。風を読む力は日本トップクラス。どんな条件下でもコースを引ける、という。「他の艇よりいかに有利な情報を得るかがカギ。冷静さ、広い視野を持つことを常に心掛けている」。
父親の影響で1歳頃からヨットに親しんできた田口さんは、小学5年生で長崎ヨットクラブに入部。元国体選手の三嶋由之代表のもとで腕を磨き、2002年の高知国体で優勝。中・高校時代には3度、日本代表にも選ばれた。「ヨットは生活の一部」と話す田口さんは大学卒業後、精神力、たくましさが増した。岐阜国体では、ロンドン五輪に出場した原田龍之介さんとペアを組む。「自分が引っ張るという意気込みで優勝を目指し、長崎国体につなげたい」。日々の筋トレ、密度の濃い海上練習にも力がこもる。「長崎国体は自身の集大成。好成績を残し、お世話になった長崎県や関係者の方々に恩返しがしたい」とも。国内の競技人口は多くはないが、天皇杯獲得(男女総合)のために大きく貢献しているセーリング。その一翼を担う長崎のエース的存在だ。
【長崎自動車 セーリングクラブ/長崎市】田口 西さん
【長崎自動車 セーリングクラブ/長崎市】田口 西さん
長崎新聞2012年8月26日(日)掲載
Vol.5へ<   Vol.7へ
長崎がんばらんば国体2014長崎がんばらんば大会2014
ハローぼくユーモ
親和銀行のTVCMギャラリー
ソーシャルメディア
親和アートギャラリーのご紹介
  • 経営理念
  • 頭取メッセージ
  • 会社概要
  • 組織図
  • 役員一覧
  • CSR活動
  • 親和銀行ふるさと振興基金
  • お客さまの声に対する取組みについて
  • 地域密着型金融
  • コンプライアンス憲章
  • FFG ふくおかフィナンシャルグループ
  • FFG ディスクロージャー誌
  • FFG IR情報
  • 電子公告
親和銀行はV・ファーレン長崎を応援しています
株式会社親和銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第3号 加入協会:日本証券業協会
Copyright © Shinwa Bank. All Rights Reserved.
FFG ふくおかフィナンシャルグループ